新規会員登録
無料会員登録で、今すぐ使える
1,100円OFF*クーポンプレゼント!
「私のプチバトー」の詳細はこちら 新規会員登録
品質

POUR UNE RÉSISTANCE À TOUTE ÉPREUVE
どんな状況にも耐える丈夫な服を目指して

REMONTONS LE FIL AUX ORIGINES
プチバトーの服ができあがるまで

ニッティングから縫製まで、プチバトーの服ができあがるまでの主な工程を覗いてみよう!

BIOGRAPHIE D'UN VÊTEMENT PETIT BATEAU

ニッティングから縫製まで、プチバトーの服ができあがるまでの主な工程を覗いてみよう!

TRICOTAGE
ニッティング

まず綿を繭のように紡いで糸にします。
プチバトーでは厳選した糸を編み機にかけてリブ編み、平編み、ジャカードなど様々なニット生地を製造しています。

TEINTURE
染色

ニット生地の奥まで色を染み込ませるため、6〜12時間染料につけておく生地も。色味はトロワのカラーラボで時間をかけて調合されます。その多くがプチバトー独自のレシピを使用したもの。こうしてプチバトーにしかない色彩が生まれるのです!

3000

プチバトーのライブラリに所蔵
されている色合いの数

70〜80

1シーズンのコレクションで使われる色の数

TRICOTAGE
シルクプリント

一部のアイテムにはシルクプリントや刺繍を施しています。いずれも高度なノウハウが要求されるデリケートな作業工程です。

TEINTURE
縫製

この最終工程では、各パーツが手作業で
丁寧に縫製されていきます。