新規会員登録
無料会員登録で、今すぐ使える
1,100円OFF*クーポンプレゼント!
「私のプチバトー」の詳細はこちら 新規会員登録

KYOTOGRAPHIE KIDS PROGRAM

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」キッズプログラム

プチバトーが2015年からキッズスポンサーを務める「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」が9/18(土)より京都市内で開催されます。
期間中には感染対策を行った上で小規模のお子さま向けのキッズワークショップも開催されますので、ぜひご参加ください。
また、写真祭の会場ではお子さま向けに写真祭をわかりやすく説明したページやスタンプラリーなどのゲームが掲載されている「キッズパスポート」を配布いたしますのでどうぞお手に取ってお楽しみください。

KYOTOGRAPHIE こども写真コンクール展 2021 <ECHO〜私たちの歩みとこの世界のエコーを見てみよう〜>[日/英]

日時
9/17(金) - 10/17(日) 会期中(祝日除く火曜・水曜定休)
10:30 - 18:00
9/27, 10/4, 10/11 closed
場所
京都中央信用金庫 旧厚生センター3階ホール (Googleマップを見る)
〒602-8041 京都府京都市上京区新町西入藪ノ内町85-3 職員福利厚生センター2階
参加費
無料
詳細
KYOTOGRAPHIE こども写真コンクール展 2021にて、関西の小・中学校(小1〜中2)の生徒を対象に参加者を募りました。KYOTOGRAPHIE写真レッスンにて写真の基礎を学んだ後、今年のテーマである「ECHO」をどのように表現出来るかについて取り組み、463組の写真作品のご応募をいただきました。その中から約50点を選出し展示することになりました。(各クラスから1〜4点選出) 昨年に引き続きコロナウイルスの影響がある中で、コンクールに参加協力してくださった学校の諸先生方へ心より感謝申し上げます。
2021年参加学校:
同志社大学付属 同志社国際学院、京都市立福西小学校、京都市立高倉小学校、京都市立竹の里小学校、京都インターナショナルスクール、京都市立紫明小学校、平安女学院中学校、大阪インターナショナルスクール、大阪YMCA国際学校
2021年審査員:
ジゼル・マーチ:美術教師(同志社国際学院) ジェニファー・ヘンベスト・デ・カルビロ:美術教師(大阪インターナショナルスクール) 木佐貫 功:美術教師(平安女学院中学校) 野口 十三枝:校長、阪口 涼子:小学校教員(京都市立高倉小学校)
   

商店街からのエコー!今の商店街の写真を撮って昔の写真と繋げよう[日/英]

日時
9/23(木)
午後の部 14:00 - 16:00
場所
Deまち (Googleマップを見る)
〒602-0824 京都府京都市上京区一真町67
参加費
¥2,000
定員
10名(対象年齢:満7歳以上)
詳細
キッズプログラム
商店街からのエコー
このワークショップでは、子供たちが過去と現在をつなげて、クリエイティブな写真作品をつくります。
アーティストのンガディ氏の自画像と京都の有名な出町柳桝形商店街の古い写真を組み合わせたコラージュ作品を鑑賞した後、ワークショップ中に子どもたちが撮影した写真と古い商店街の写真を組み合わせて、自分だけのオリジナル作品を制作していきます。
また、日本における商店街の歴史や文化的重要性を桝形商店街を通じて、桝形商店街の代表の鋸屋愼三さんと日本学術振興会特別研究員の有馬恵子さんからお話を聞き商店街について学びます。
持ち物:
デジタルカメラ(お持ち頂かなくても、こちらでカメラの貸し出しも可能です。)
鋸屋愼三 Shinzo OGAYA
出町桝形商店街の中にあるおがや時計店の店主。現在出町桝形商店街理事長。「出町ホタルの会」の代表で鴨川のホタルの生態にも詳しい。店の中は時計やメガネだけではなく、面白い昆虫やサナギもいます。
有馬恵子 Keiko ARIMA
1976年生まれ。現在立命館大学大学院先端学術総合研究科博士後期課程所属。日本学術振興会特別研究員。去年のKYOTOGRAHIEで出町桝形商店街の担当になってから、商店街が好きになりました。今は週に3回は通っています。
注意事項:
※ご予約はKYOTOGRAPHIE オフィシャルサイトより ※参加費の支払いは当日受付時にお願い致します。その際には釣り銭のないようご用意ください。
※定員には限りがあります。お申し込みは先着順です。 ※コロナウイルスの状況によりイベントをキャンセルする可能性がございます。
   

日光写真/サイアノタイプワークショップ 〜光のエコーを学ぼう〜[英/日]

日時
9/26(日)(雨天時延期日程:10/2(土))
午前の部 10:30 - 12:00
午後の部 13:30 - 15:00
場所
KYOTOGRAPHIE インフォメーションラウンジ&ブックス(三条両替町ビル) (Googleマップを見る)
〒604-8166 京都府京都市中京区御倉町73
参加費
¥2,000
詳細
サイアノタイプは1842年に天文学者であり数学者のジョン・ハーシェルによって発明されました。カメラを使わない鉄を使用とした技法で、1800年代半ばには設計図を作るのに有効な写真印刷の技法としてよく使われていました。

写真家の吉川直哉さんの指導のもと、太陽の効果を利用した写真を作りながら、そのプロセスを学ぶことができます。

持ち物:キラキラしたり反射する物、おもちゃなど(大きい物を持ち込むのはご遠慮ください。)
吉川直哉さんについて
1961年⽣まれ。10歳の頃に天体写真を撮りはじめ、高校では写真部で活動していました。大阪芸術大学写真学科で本格的に写真を学び、大学院では「写真の教育」について研究しました。
写真家としては「写真とはなにか」というテーマで写真作品を制作しています。18歳の頃から現在までに、日本各地のほか、アメリカ、ドイツ、ポーランド、チェコ、オランダ、モロッコ、中国、韓国などで、30以上の個展と350以上の展覧会に出品しています。また、いろいろなアーティストが一緒に食住を共にして、互いに協力して、刺激し合いながら作品制作をする「アーティスト・イン・レジデンス」や、作品発表を通して国や民族を超えて交流する「国際写真祭」や「国際芸術祭」などにも各国で参加しています。そして、展覧会を企画したり、子どもたちのための写真を楽しむワークショップも開いています。
https://www.naoyacamera.com
注意事項:
※ご予約&お支払はKYOTOGRAPHIE オフィシャルサイトより
※参加費の支払いは当日受付時にお願い致します。その際には釣り銭のないようご用意ください。
※定員には限りがあります。お申し込みは先着順です。
※コロナウイルスの状況によりイベントをキャンセルする可能性がございます。
   

家族のエコー!スタジオ撮影体験と和紙でフォトアルバムを作ってみよう![英/日]

日時
10/10(日)午前の部 10:00-12:00、 午後の部 14:00-16:00
場所
KYOTOGRAPHIE インフォメーションラウンジ&ブックス(三条両替町ビル) (Googleマップを見る)
〒604-8166 京都府京都市中京区御倉町73
参加費
10/10(日)¥2,500
定員
10/10(日)10名x2 (対象年齢:満5歳以上)
詳細
家族のフォトアルバムをつくるワークショップです。 昔撮った家族写真とスタジオで撮影した写真を組み合わせて、オリジナルの家族写真のアルバムをつくります。
様々な和紙を使って、家族のつながりをフォトアルバムで表現します。
持ち物:
自分の家族が写っている写真を8枚程度ご持参ください。(祖父母や親の若い頃の写真) (サイズ : L版 89x127mm)
撮影時には、昔の写真のポーズや仕草または服装などを似せることで、持参した家族の写真のイメージに結びつける事ができます。昔の写真に写っている服や小物に似た物を持ってくることをおすすめします。
注意事項:
※ご予約&お支払はKYOTOGRAPHIE オフィシャルサイトより
※参加費の支払いは当日受付時にお願い致します。その際には釣り銭のないようご用意ください。
※定員には限りがあります。お申し込みは先着順です。
※コロナウイルスの状況によりイベントをキャンセルする可能性がございます。
   

ピュアポシビリティ・ウォーキングクラブとのコラボレーション[英・仏・日]

日時
10/10(日) 13:00-19:00
場所
Social Kitchen (Googleマップを見る)
〒602-0898 京都府京都市上京区相国寺門前町699
参加費
無料
定員
10名x1
詳細
The Pure Possibility Walking
Clubは、ご家族で体験できる小さな写真的冒険へご招待します。アメリカ人写真家フォスター・ミックリーを講師に招き、カメラを使い、子どもたちの日常への好奇心を視覚化することを通して、彼らにとっての世界の見え方、世界との関わり方の可能性を探ります。これらを共同体験することで、日常が自己表現の場となり得ます。
撮影前には講師のフォスター・ミックリーが好奇心と写真を撮ることの関係性について話します。冒険の後には他の参加者が撮った写真を見ることでお互いに何について好奇心を抱いたのかを発見します。
   

アーウィン・オラフの写真を見ながら、作家のいしいしんじさんと一緒にオリジナルのフォトストーリーブックをつくろう! [英/日]

日時
10/16(土)10:00 - 12:00、11:00 - 13:00
場所
アンスティチュ・フランセ関西 - 京都 (Googleマップを見る)
〒606-8301 京都府京都市左京区吉田泉殿町8
参加費
¥2,000
定員
10名x2 (対象年齢:満6歳以上)
詳細
自分だけのファンタジーなフォトストーリーをつくろう
著名な作家であり即興ストーリーテラーでもあるいしいしんじさんを講師に迎え、アーウィン・オラフ(展覧会番号 1)の詩的で神秘的な写真からインスピレーションを受け、オリジナルの物語を作るワークショップです。
(日本語・英語対応可能なスタッフがいます。)
いしいしんじ・作家
1966年大阪生まれ。京都在住。作品に、小説「ぶらんこ乗り」「トリツカレ男」「麦ふみクーツェ」「悪声」など、エッセイ「いしいしんじのごはん日記」など多数。「源氏物語」の最新現代語訳も手がける。おとな・こども問わず、小説・美術・音楽にまつわるワークショップやパフォーマンスを行っている。小5男子の父。
注意事項:
※ご予約&お支払はKYOTOGRAPHIE オフィシャルサイトより
※参加費の支払いは当日受付時にお願い致します。その際には釣り銭のないようご用意ください。
※定員には限りがあります。お申し込みは先着順です。
※コロナウイルスの状況によりイベントをキャンセルする可能性がございます。
   

和紙で私のアルバムをつくろう! [英/日]

日時
10/17(日)  11:00、12:00、13:00
場所
アンスティチュ・フランセ関西 - 京都 (Googleマップを見る)
〒606-8301 京都府京都市左京区吉田泉殿町8
参加費
¥1,000
定員
15名x2 対象年齢:4歳以上
詳細
写真のアルバムを作るワークショップです。 日本で昔から使われている和紙を使って、和紙の作り方などを学びながら 自分だけのアルバムを作ることができます。 子どもたちもスマートフォンやパソコンなど電子機器を使うことが多くなり、 紙を使う機会が少なくなっています。このワークショップは子どもたちの想像力や 創作力を発揮する絶好のチャンスです。

持参物:8枚の写真(サイズ : L版 89x127mm)
家族の人の写真や年齢別の写真を持って来ることをおすすめします。 例:お母さんの1歳の時、お父さんの5歳の時など

注意事項:
※ご予約&お支払はKYOTOGRAPHIE オフィシャルサイトより
※ワークショップ開始24時間前までにキャンセルされた場合は全額返金します。
(24時間以降でキャンセルされる方でも急病の場合は返金いたしますので、ご連絡ください。)
※定員には限りがあります。お申し込みは先着順です。
※コロナウイルスの状況によりイベントをキャンセルする可能性がございます。その場合、参加費は全額返金いたします。
   

※キッズワークショップの詳細と予約についてはKYOTOGRAPHIEのウェブページにてご確認ください。

KYOTO GRAPHIE

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」について

プチバトーが2015年からキッズプログラムのスポンサーを務める「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」は、世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭です。一千年の長きにわたって伝統を守りながら、その一方で先端文化の発信地でもあり続けてきた京都。日本および海外の重要作品や貴重な写真コレクションを、趣のある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展開し、ときに伝統工芸職人や最先端テクノロジーとのコラボレーションも実現するなど、京都ならではの特徴ある写真祭となっています。
今年は「ECHO(エコー)」をテーマに、9/18 (土) より京都市内およびオンラインで開催されます。

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」 公式サイト

新型コロナウイルス感染予防対策実施について

国、京都府、市のガイドラインに基づき、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を実施しています。ワークショップに参加する方はマスクの着用、こまめな手洗いの徹底、検温、参加者同士の距離感を保ちながらのご参加をお願い致します。熱や風邪のような症状がある方、体調不良の方はご来場をご遠慮ください。

ワークショップは会場の都合上、定員を制限させていただきます。

各参加者には、受付の際、お客様情報(お名前、住所、連絡先)のご記入をお願いいたします。
ご理解くださいますようお願いいたします。